ホワイトニングはいくら掛かるんだろうを読み解く

歯を白くする歯磨き粉

とっくに「芸能人は・・・歯が命!」というCMが流行りましたが、芸能人のみならず、中位の顧客にも歯は大事なようで、歯を白く始めるというホワイトニングは人気があります。

その方法は主に2つあります。

オフィスホワイトニング

実際に歯科医院に足を運んでオペレーションをしてもらうしかたを「オフィスホワイトニング」と言い、歯科医院で処方してもらった薬剤やマウスピースを使用します。

ホームホワイトニング

自分が家庭などで行なうしかたを「ホームホワイトニング」と言い、そのともを用法を「デュアルホワイトニング」と言います。こういうホワイトニング、歯科医院以外で出来ないのか?というと・・・、応えは「できません」。正確に言うと、「漂白剤を使って歯を白くする」というしかたは歯科医院でしか認められていないのです。

ホワイトニングの総額

そしてこういうホワイトニングの総額ですが、とても高いです。

疾患等の治療とはみなされない為に保険適用外となっているので、保険は効きません。

「オフィスホワイトニング」を例に出すと、一般的な歯科医院での総額は1回のオペレーションで3万円から5万円くらいとかなりの高額です。

専門の歯科や病院ではなおさら高いのかというと反対で、10000円から3万円くらいとパブリック歯科よりも安い価格であると言われています。

つまり上記のような財テクであるのなら、一番安くて10000円であり、高くて5万円という何となくふり幅のある値段となっているのです。

ただし、基本的にはどの歯科医院で立ち向かう「オフィスホワイトニング」も、きちんとした漂白剤を使用しているので10000円であっても、5万円であっても大きな差はないと言えます。

それからエクストラチャージが加わる場合があります。

虫歯や苦しい歯周病などは診療、もしくは治療が必要となりますし、歯のクリーニングが必要な場合もあります。

そして白く始める歯の本数によってもアップダウンがあります。

普通は笑った場合窺える歯を白く行うが、当然それには個人差があります。

かりに標的からは何となく見えにくい歯であったとしても、オペレーション出来ある全ての歯を白くしたいと考えるそれぞれもいるでしょう。

思案されている顧客は、自分が思い付く出来ばえと総計、医者のオペレーションに対する見解などを熟考した上で、ご決断することをオススメします。

自宅でカンタンにホワイトニングの効果ほどではありませんが、歯を白くする方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA