この数年で自転車の利用者が急激に増えましたが、それに伴って事故も増えているという話を聞きます。
最近のニュースで“東京都が自転車事故防止のため条例改正を検討している”ということが挙がっていました。
詳細な内容は出ておりませんが“販売店にヘルメット着用や安全利用の呼びかけを義務付ける”“交通安全指導員の業務内容の明確化”というものが中心のようです。

しかしこの話には若干の違和感を感じています。
確かに自転車を購入する際に販売店がヘルメットの重要性を呼びかけるのは理解できるのですが、免許が必要なく子供からお年寄りまで利用する自転車であれば「交通ルールの基本」として全ての人が知っておくべきではないでしょうか。
特に大人は理解しておくことが大切だと思います。
大人が理解していれば子供に対して教える事そして見本になる事ができるので、全体として事故を減らすことに繋がるはずです。

私も通勤や趣味で自転車に乗っているのですが、「一時停止違反」「携帯」「右側走行」「イヤホン」など危険運転しているのは子供よりも大人がほとんど。どう考えてもルールを理解できていない人が多過ぎです。また自動車側も「自転車は軽車両」ということを理解していないと感じられる運転も多く、本当に免許を持っているのかと疑いたくなることもあります。

自転車側がルールを守って走っていても相手がルールを知らなければどうしようもありませんし、その逆もまた然り。
自転車に関して細かな部分を条例化する以前に「自転車とは何ぞや」という事を大人全般に理解させる、これが再優先に考えるべき事ではないでしょうか。普通じゃできないあなたにおすすめ、ちゅらトゥースホワイトニング