楽しく美味しい北の旅

 毎年6月になると札幌の友人を訪ねてのゴルフとグルメの旅を続けていますので、今年も4月頃からその準備を始めました。羽田から新千歳までのフライトと、現地でのホテルは自分で予約し、ゴルフ場と初日の夕食の場所は友人がアレンジする事で役割分担して当日を待つだけになりました。旅行とは、いつもこの段階で既にその楽しさが始まっているので、出発日がとても待ち遠しい限りでした。
当日は曇り空でしたので、機内からの景色は期待できませんでしたが、到着後の予定は友人との再会と夕食会だけでしたので、多少の雨も気にならず、ホテルにチェックインした後、友人が予約してくれた店へと向かいました。そこでのメニューは全て友人にお任せしましたので、流石地元という北の幸が並びました。「イカ、エビ、ホタテ、ウニ、貝類等を主とした新鮮な刺身」や「ホッケ焼き」は勿論、友人の好みの食べ方と言う「ジャガイモにバターとイカの塩辛を乗せて食べる」また「山わさび」と言う「白いわさびをすりおろして冷奴にまぶして食べる」等を堪能しました。そしてそれらを肴にして飲む地酒もすすみ、2時間後にはすっかり良い気分になっていました。
翌朝は友人の運転で約1時間のドライブでゴルフ場に向かい、そこでの楽しいプレイとその後の大浴場でのリラックスタイムを楽しみました。そしてその晩は、自分が食べたいものをリクエストし、そのお勧めの店へ連れて行ってもらいました。それは、そう札幌と言えば「札幌ラーメン」です。熱々の濃厚スープに沈む硬めの麺、色鮮やかなコーンに厚手のチャーシュー、本場札幌で食べる札幌ラーメンはやはり最高でした。50代の永遠のビジネスパートーとなりうるココマイスターの鞄