真夜中寝る前にものすごくお腹が空いていたのですが、スナックもカップ麺も切らしていましたし、特にそういった時間に食べたら太ってしまうので我慢して布団に入りました。
それが原因なのかはわかりませんがスナックの住まいが出てくる熱望を見たのです。
スタート夢の中で自身は教室のような場所にいました。
夢の中ってなんとなく自分の年齢は実年齢は違ったりしますが、この時も若返っていました。
修行を見回しても誰もおらず、夢の取り分け自身はお腹が空いていました。
その時何を思ったかチョークが美味しそうに見えたんですよね。
おもむろにチョークを口の中に来れるといった、それはラムネの味がして美味しくて一本食べてしまいました。
ロゼのチョークも同じように食べ、よく見ると教壇や催しや椅子は全てチョコレートだったのです。
夢の中心の自身はあちこちパキパキチョコを折っては食べていました。
窓ガラスも飴でできているという模様が働き、グーで叩くというパラパラ割れてその欠片を食べました。
カーテンはどうしてできているんだろうといった口に入れようからには帯同のアラームが鳴りました。
目が覚めた自身は布団を握りしめていたのですが、ひょっとしたら食べようとしていたのかもしれません。
しかし修行がスナックの住まいになっていたはあの教室は困難もスナックで出来ていたのだろうかといった熱望ではありますが気になってしまいました。
また同じ熱望が見たいのですが、言わば一度見た夢の続きは見られないので残念です。
しかし普通はスナックの住まいというとイリュージョンチックなものを想像しがちですが、何で教室の修行だったのか謎です。プロペシアを病院よりも安く買えるところないかな~~