我が家の定番の油は、キャノーラ油、オリーブ油です。
キャノーラ油は、どこで買っても安いしいつも普通の料理はこれです。
オリーブ油は、身体に良いし香りが好きなのでスパゲティにかけたりチーズにかけたり、パンにつけたりとして楽しんでます。
オリーブ油は身体に良いというのは本当らしいですが、せっかくのオリーブ油も加熱すると酸化しやすいらしくて良くないと知り最近はそのまま使う料理にしか利用しなくなりました。
でも、なら身体に良い油をなるべくとるには?と考えました。
本屋さんでそういう本を読んでみたら、揚げ物や炒め物に向いてるもので、手頃な値段の油はごま油でした。
ごま油はここ数年買ってなかったんです。
それは、ごま油の香りは好きなんだけど中華料理にしか使わないイメージがあるからです。
香りが結構強いので、普段使いは出来ない気がしてしまうんですよね。
全てをその香りに持って行かれるというか。
でも、加熱しても酸化しにくくてお値段も手頃なら、取り入れても良いかもと思って買ってきました。
久しぶりに嗅いだごま油の香りは、やっぱり美味しそうな好きな香りでごま油これからは常備しようと決めました。
あんまり香りが強いと良くない料理にはこれまで通り少なめの量でキャノーラ油を使えば良いですしね。
油の良いもの悪いものを調べていて思ったのですが、身体に良い油を日常使いするのは、余程生活に余裕がないと難しいです。
キャノーラ油やサラダオイルもあまり良くはないみたいですが、やっぱり安いし我が家はそれを使わないと言えないですね。赤ら顔専用化粧水はこちらがおすうすめです。