リオデジャネイロのオリンピックが近づき、様々な競技種目で日代表選手が決まったとのニュースを耳にする事が多くなってきました。それと共に、2020年の東京オリンピックの追加競技に野球が入るとか入らないとかの話題もよく耳にします。そして野球が採用されないかも知れないのは「アメリカの大リーグ選手の参加が期待できないから」との背景があるとの事ですが、確かに大リーガーにとってはプロとしての仕事の方が大切なイベントなのでしょう。そうは言ってもオリンピックはスポーツの祭典であり、各競技の世界一を競う大会なのですから、是非大リーガーも参加して素晴らしい技を見せて欲しいものです。そこでふと疑問が生じた事があります。オリンピックへの大リーガーの参加、即ちプロの野球選手の参加は認められているのに、何故競技によっては、ボクシングのようにプロが参加できないものがあるのでしょうか? また、他の競技では年齢の上限が決められていないのに、何故サッカーでは年齢制限があるのでしょうか?。ボクシングの場合はプロとアマでは競技ルールの違いが有るからなのかも知れませんが、サッカーは年齢によってルールが違う訳では無いし、FIFAで活躍している一流のプロ選手は23歳以上の方が多いように思うのですが、何故オーバーエイジの人数枠が決まっているのでしょうか?
オリンピックの野球に一流の大リーガーを参加させる事で盛り上がりを期待するのであれば、サッカーにも年齢に関係なく一流プロをもっと参加させるべきだと思うのは私だけでしょうか?もうダイエットに頼らない!デブ菌じゃ満足できない!